バリア工法のご紹介 長期保障で安心

バリア工法とは

バリア工法の施工例

バリア工法は、直接木部や土壌にシロアリ防除剤を散布する方法です。

シロアリの食害が進んでいる場合や、即効力・定期的な防除処理を望まれる場合はバリア工法をオススメします。

シロアリが駆除できるまで

バリア工法のシロアリ防除剤散布までの流れ

  1. 床下・壁・屋根裏等の建物内部構造材へ薬剤注入用の穿孔を施す。
  2. 穿孔穴と周辺に木部処理剤を注入、吹き付けをする。
  3. 床下土壌へ土壌処理剤を散布する。
  4. 各施工箇所の復旧を施す。

使用する薬剤は、社団法人日本しろあり協会認定の効果と安全性の高い薬剤を標準仕様書に準じた施工方法で使用します。
長期5年保証で建物をシロアリからバリアします。
日本マレニットにご連絡いただければ、お近くの専門の施工業者をご紹介差し上げます。ご相談ください。

問合せ先

商品のご紹介(業者向け)

ハチクサンMC

ハチクサンMC

優れた効果と高い安全性を兼ね備えたバイエルのシロアリ防除剤「ハチクサン」がマイクロカプセルタイプの「ハチクサンMC」になって新登場。マイクロカプセル化により、より一層安全性を向上させ、低薬量でも安定した効果を実現しました。さらに、マイクロカプセルの特長をいかしたドミノ効果で、シロアリのコロニー内部へより深く広がります。もちろん臭いもほとんどなく、VOC対策も万全です。

※ハチクサンはバイエルクロップサイエンス株式会社の登録商標です。

ページ最上部へ